ビジネスローン審査お助けナビ

この記事をシェアする

ビジネスローンの審査に通過するために

ビジネスローンは通りやすい?

ローンを組むとなると、まず心配なのが審査が通るかどうかということではないでしょうか。
ですが、ビジネスローンは審査が甘いとも言われています。
申請する側としては、少し安心するかもしれません。
しかし、本当に審査が甘いのでしょうか。

実際には、銀行の融資に比べると、審査が甘いということです。
ビジネスローンは、銀行の基準に満たずに審査が通らない、中小企業や零細企業のために作ったローン商品です。
もともとは、銀行が開発したものですが、現在ではノンバンク系のビジネスローンが主になっています。
銀行融資が受けられない経営者、個人事業主の方のお助け手段とも言えます。

しかし、審査が甘いことがいいことだとは一概には言えないので、ビジネスローンの仕組みについてしっかりと理解しておきましょう。

ビジネスローンの審査方法と金利

銀行融資よりも審査が甘いビジネスローン。
しかし、審査が甘いのには理由があります。

まず、審査基準が低い分、金利が高いということです。
例えば、銀行のビジネスローンであれば、年利5%~10%ほどです。
対してノンバンク系のビジネスローンは、年利5%~15%ほどです。
したがって、ただ審査に通って、お金が借りられればいいという考えではいけません。
経営者としては、しっかりと利益を上げて、金利分なんてすぐに巻き返してしまう!という意気込み、計画性を持ってビジネスローンを申請する必要があります。

次に、審査が自動化されていることです。
銀行融資の場合は、さまざまな担当者によって、いくつもの過程を踏んで審査を行います。
審査の期間は1カ月以上かかることもあります。
対して、ビジネスローンではスコアリングシステムを使って、機械的に審査を行います。
審査のコツを知っていれば、簡単に借りられるということです。



PAGE
TOP